So-net無料ブログ作成

古書の聖地 [縁のところ]

古書の聖地と言えば、私的には神保町で間違っていないのですが、
イギリスにはイギリスの本の聖地があります。
Hay-on-Wye

Hay-on-wye (Y Gelli)

私はここも好きで2度程訪ねてますが、機会があればまた行きたいです。
あるのは本ばかりですが。
・・・街全体が古書の町です。
東京の真ん中じゃないので、地価を考えずに売れ筋を考えずに本を集められたのが良いのだと思いました。
神保町よりある意味楽しいのですよ・・・。

一つ気になるのは、ウェールズ地方、雨が多いんですよね。
気温は余りあがらず、7月とか9月でも夕刻には10℃位まで下がったりしてました。
まー、気温がそうなので、カビとかは大丈夫だと思うんですが、
湿気の多い所にこんなに本を集めるなんて!とか、思ってみたりしないでもありません。

一度はロンドンに住んでる友達に車を借りて自分の運転で行ったのですが、結構かかりました。
日帰りだったのですが、ちょっとシンドカッタです。

朝6時位に出て、ヘイオンワイに着いたのが11時位・・・

当たり前ですが、本は英語のものが多いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。