So-net無料ブログ作成

アニメ のだめカンタービレ [-のだめカンタービレ]

「のだめオーケストラ」STORY!
シュトレーゼマンに副指揮者に指名された千秋は、シュトレーゼマンの代わりにオケを振ります。
その間シュトレーゼマンは合コンに夢中な訳で。

オケを指揮し始めた千秋の初めの問題はさくら・・・コントラバスの女の子でした。

・・・この声、能登麻美子?
彼女の家は貧乏で普段はバイトに明け暮れ、電車賃のない日は家から学校まで歩き、とてもではないけど練習する時間が少なすぎてみんなについていけません。

そんな彼女の不調とは逆に千秋の株はSオケの中で上がっていきます。
五線譜の上にシュトレーゼマンの指示があるので千秋の指示にも余裕があり、周りに穏やかに接することができます。

が、さくらの困窮は留まる所を知りません。
ついにはのだめと一緒に千秋の所へ物乞いに・・・。
そこで自分の窮状を打ち明けてみたりするんですが、千秋にはピンと来ません。
「練習時間が無い」なら「バイトを止めろ」
シンプルです。
「それじゃあ学費が払えない」なら「学校を辞めろ」
「音楽の練習はそれでも出来るだろ?」
・・・すごくシンプルです。
学校を辞める=音楽を止めるにならないのが清清しいです。
のだめの学園生活論は無視されてしかるべきですが、さくらにはそのストイックさと自分ふがいなさがショックで走り出してしまいます。

・・・と私は思ったのですが、どうでしょう?

翌日、さくらはオケの練習にも出てきませんでした。

のだめが千秋は鬼だ悪魔だと騒ぎ、「先輩は貧乏を知らなすぎです」とか言ってみたりするので、千秋も貧乏について思いを巡らせてみますが・・・千秋の貧乏感はマッチ売りの少女であり、彼にとって貧乏は現実感無さ過ぎでした。
・・・とりあえず、彼らはさくらの家を訪ねることにしたのでした。

・・・地図を頼ってたどり着いたのは大豪邸。ただし隅から隅まで全て差し押さえられてます。

輸入家具会社の社長だったお父さんにお水(きっとガスも電気も止まってて茶葉もない)を出して貰ってドン引きしながら話を聞くと、彼はヴァイオリンのコレクションを持っていました。
っていうか、ストラディヴァリウスとかグァルネリとか売れば、ウン億~ウン十億です。
しかもお父さんは弾けません。
ちょっと考えられません。楽器は弾いてなんぼです。

ドラマでは、ここでさくらが登場して
お父さんの「お前がヴァイオリンを弾かないから!」に、
さくらの「だってコントラバスの方が格好良いじゃない!」と返しが入る見事な親子の会話があったのですが・・・アニメ版では無かったですね。

とにかく千秋の、そんなの売っちまえ、娘の音楽センスと練習時間の方がそんなヴァイオリンより大切だろうが!という激に従い、お父さんはコレクションを処分します。

これでさくらの財政状況は一気に好転し、きちんと練習に出られるようになりました。
後日談としては、コレクションの中に呪いのヴァイオリンが混ざっていて、それの所為でお父さんの事業まで上手く行かなかったようだ・・・という話がありました。

・・・さくらのエピソード、ぶっちゃけ思ってたより普通でした。

千秋のオケ練習は、一章が終り、二章へ。 そこの五線譜にはシュトレーゼマンの解釈がありません。

千秋はそれを聞きにシュトレーゼマンの元へ・・・合コンだかキャバクラだかへ行くのですが、なんとそこで千秋の方がシュトレーゼマンよりモテてしまいました。
のだめのいい女修行の的外れさは置いといて、シュトレーゼマン、臍を曲げます。

翌日には「Sオケ」を降ります宣言発動!
千秋に宣戦布告です。
「私よりモテた千秋、ゆるせませーん」とか言われます。

それでもSオケのメンバは千秋の元でオケを続ける事を選ぶのですが・・・、
千秋には今マデの余裕がありません。
自分の解釈の迷路に嵌まり、周りを気遣う余裕を無くし、昔に、初めてオケを指揮して失敗した時に戻ってしまいます。

峰も真澄ちゃんものだめも千秋がこれじゃあいけない、とは思うのですが・・・と言う所でした。

でもですね。
曲の解釈なんて本当に魂をすり減らす物だと思うのですよ。

演奏家は自分の弾く楽器の♪だけを全力で解釈すれば良いのだけれど、

指揮者は
フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、
ホルン、トランペット、ティンパニ、
第一第二ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス

全部の音を解釈する訳です。

解釈が出来上がっててそれを指導すればいいのと、これから曲を解釈して調和とか考えて強弱とスピードを決めて、オケを形にするのは違うじゃないですか。

千秋の苛立ちとか勝手な演奏を許せない気持ちはむしろ当然だったりもすると思ったりしたわけです。

まずは形になる演奏をしろよ、と言いたくもなるでしょう。
演奏会まで後一週間ダシ。


言われる方はそんなの実感できない訳ですが。
なんせ初めてのオーケストラですから。

オケなんてそうそう振れるものじゃないって事でしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。