So-net無料ブログ作成

クエスト 地下牢番人の噂 [FFXI]

プレイオンライン/ ファイナルファンタジーXI オールインワンパック2006 Windows版

久しぶりに箱庭の中の友人に会う。
彼に付き合ってもらって、蛭狩り。
サンドリアのクエストで吸血鬼呼ばわりされてる地下牢の番人ぽい人に、獣人の血を持って来て欲しいと依頼されてはいたものの、
蛭を余裕で倒せるレベルでも無いし、
蛭の居る所にはつよもとてつよもとてとてもいるし。

・・・と引け気味だったのだけど、彼が居れば違う。

・・・うん。気が付けば逆の意味で。
えーと、私はレベル21で彼は20前後のキャラを用意してくれる・・・と思いきや、いきなり50オーバー。
はい。
敵はぶっちゃけ木っ端に等しい。
私もだけど。
うっとりと片手剣と魔法のスキルアップを眺めながら、
まったりと獣人の血が出るのを待つ。
パシュウ沼とかジャグナーの森で。
ああ、ちょっと移動しながら。
サーバにいる人の数を見ると3000前後で特に多いわけでも無い筈なのだけど、蛭狩りしてる人が結構居る。

今日は何かのイベントですか?
錬金術師さんの書き入れ時ですか?

さて、ジャグナーからパシュウ沼に移って15分くらいで獣人の血をやっと蛭が吐き出す。

サンドリアに戻って地下に住む吸血鬼との噂が絶えない彼に獣人の血を渡すと大層喜んで、なぜこの血が必要か嬉々として語ってくれる。

彼は毒を盛られて体の免疫作用に異常を来たし、恐らくはメラニンの体内生成過程に大きな欠陥が出来てしまった。
その結果、所謂アルビノな人たちがそうであるように太陽の紫外線に対して極度に耐性がなく、それによって火傷を負ってしまうのだった。
そして、どうやら、この獣人の血を塗るだか飲むだかすると、欠けた免疫酵素の代替の役割を果たすので紫外線の苦痛を和らげる事が出来るのだ。
・・・
・・・・・・とか、勝手に作ってみたり。
彼が言うのは毒を盛られて太陽が苦痛になって、それを直す為に一生懸命研究したら、獣人の血が症状を和らげる事が解った。
と言う話。

お礼にドレインをクレタ。

ありがとう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。